新耐震基準と旧耐震基準を比較!変わった部分を詳しく紹介

営業日:月~金 / 10:00~18:00 / 定休:土・日・祝
03-5431-5288

お役立ちブログBLOG

お役立ちブログ

新耐震基準と旧耐震基準を比較!変わった部分を詳しく紹介

マンションや戸建てを購入もしくは建築したことがある方は、耐震基準というものを耳にしたことがあると思います。

耐震基準には、建築基準法の改正前の旧耐震基準と、改正後の新耐震基準というものがあるため、家を購入・建築したタイミングによっては、新耐震基準を満たしていない可能性があります。

ここでは、耐震基準はどういったものなのか、また新しい耐震基準と古い耐震基準の違いを詳しく解説していきます。

新耐震基準と旧耐震基準を比較!変わった部分を詳しく紹介

耐震基準とは

耐震基準とは、建築基準法で定められている耐震強度の基準となるものであり、地震に対する建物の強さを保証するものです。
耐震の基準が法律によって定められたのは、日本の地震災害の中で最も多くの死者を出した、関東大震災を受けてのことです。

その後、耐震の基準は何回も改正されていますが、最も大きな改正が施行されたのは、宮城県沖地震後の1981年です。
この法改正の前に建てられたものは「旧耐震基準」、そして後に建てられたものが「新耐震基準」となっています。

 

また、1995年に起きた阪神淡路大震災を受け、木造建築に対して2000年にも法改正が行われていますが、耐震の基準の分かれ目は1981年だと覚えておきましょう。

参考資料:国土交通省 住宅・建築物の耐震化に関する現状と課題

新耐震基準の特徴

新耐震基準の大きな特徴は、建物の倒壊により建物の中にいる人はもちろん、その周辺にいる人も被害を受けないようにするという基準が盛り込まれたことです。
少し専門的にいうと、新しい耐震基準においては「保有水平耐力計算と許容応力度計算を行う必要があると定められたこと」が特徴となります。

阪神淡路大震災規模のような大規模な地震があっても、倒壊もしくは崩壊しないようにするためには、保有水平耐力をどれだけ保つことができるかが重要となるため、その数値を算出しなければなりません。

 

許容応力は、建築物の部材がどのぐらいの力まで損傷を受けずに耐えられるか、というものです。
新しい耐震の基準では、この許容応力度が震度5の中規模地震より大きい許容応力度が求められます。

つまり、保有水平力と許容対応力の2つが、より厳しい基準になったことが新耐震基準の一番の特徴といえるのです。

参考資料:国土交通省 建築基準法の耐震基準の概要

新耐震基準と旧耐震基準の違い

新しく改正された耐震基準は、保有水平力と許容対応力の基準が、旧耐震基準より厳しくなったという大きな違いがありますが、それだけではありません。
ここでは、他にどういった違いがあるのかを紹介します。

税制上の優遇措置の違い

新耐震基準と旧耐震基準では、税制上の優遇に違いがあります。
古い耐震基準の建物は、住宅ローン減税を受けることはできませんが、新しい耐震基準をクリアしている建物であれば、住宅ローン減税を受けることができます。

住宅ローン減税とは、中古・新築に関わらず住宅を取得、または改修する際にローン残高の1%を所得税もしくは住民前から控除するという優遇措置です。
減税期間は10年となっており、住宅の取得だけでなく、個人が新しく家を建築する際に住宅ローンを組む場合にも適用されます。

そのため、中古住宅の取得を検討している人は、その建物がローン減税対象となる新耐震基準を満たしているかどうかを購入の判断材料の一つにすると良いでしょう。

 

中古住宅の取得・改修で住宅ローン減税の優遇措置を受けるには、新しい耐震の基準を満たしていることを証明する「耐震基準適合証明書」が必要となります。
そのため、最初からこの証明書を発行していれば、物件の成約率が高くなることが考えられます。

参考資料:国土交通省 住宅ローン減税

震度6以上の地震への耐震の違い

前項でも説明しましたが、旧耐震基準では、保有水平力や許容対応力は震度5程度までしか求められていませんでした。

しかし、新耐震基準では震度6以上までの安全性が求められており、保有水平力と許容対応力は大地震に対応できる基準を満たしていなければいけないというのが、古い耐震基準との違いになります。

簡単にまとめると、より地震に対する強度と安全性が高くなったというのが、改正後の新耐震基準と改正前の旧耐震基準の違いといえるでしょう。

新耐震基準と旧耐震基準を見分けるには?

耐震の基準が大きく変わる法改正が行われた1981年に建築をした、もしくは家を購入した場合、新しい耐震基準なのか古い耐震基準なのか、分からない方もいるかもしれません。
新しい耐震基準は、1981年6月1日施行されたので、1981年6月1日以降に建築確認をした建物であれば、基本的には新耐震基準を満たしているといえるでしょう。

 

逆に、1981年6月1日より前に建築確認をした建物の場合は、旧耐震基準で建てられている可能性があるのです。

つまり、同じ1981年建築の建物であっても、どのタイミングで建築確認がされたかによって、新しい耐震基準か古い耐震基準かということが分かれます。
いつ建築確認がされたのかを確認することが、最も簡単な見分け方になります。

耐震基準が気になる場合は調査をしよう

住宅の売却では、1981年6月以前に建築された建物の場合、耐震基準を満たしているか、いないかというのは、成約に大きく関わってきます。

日本はもともと地震大国といわれていますが、特に近年は地震が多発しているため、新耐震基準であることが住宅選びの基準にもなっているので、売却を検討もしくは希望している方はしっかり調査をしておきましょう。

住居が耐震基準を満たしているか調査・証明を希望される場合は、実績豊富な当社にご相談ください。

このページのトップに戻る